剪定枝・伐採木のチップ化 


地球にやさしい環境づくりを目指しております
 緑は地球温暖化防止や酸素をつくる働きをする事から、人間が生きていく上でなくてはならない存在です。その為私たち人間は地球の環境をこれ以上損ねない為にも、より多くの緑を育て守っていかなくてはなりません。

 しかしこれらの樹木は台風等の自然災害により、時には人間に被害を及ぼすこともあります。このような被害を避けるためにも、自然を保護する一方で危険な樹木は、定期的に剪定していかなければなりません。そして剪定した樹木はチップ化し、また自然へと返すのです。



 剪定枝・伐採木のチップ化 
 @樹木の剪定・伐採作業状況

 チェーンソーやノコギリを使い、
 高所作業専門の作業員が作業を進める。
 A搬入作業状況

 剪定枝を人力及び小型のフォーク付
 バックホウにて搬入する。

 車幅が1.7mと小型で高性能である為、
 狭い場所でも作業が容易であり、コストも
 削減される。
   B粉砕チップ散布状況

 チップの吐き出し角度が360°回転する為、
 作業効率が高く、人力で簡単に均すだけで
 マルチング・防草材となる。

 幹周が25p程度までの枝をチップ化する事
 ができる。
 
 C敷き詰められたチップ材

 チップの防草効果は、散布初期から
 約2〜3年程度。

 腐食していく事で団粒化構造を進め、
 保水力・保肥力をあげ健全な土壌を作り
 あげる。
 D腐食したチップ材

 腐食完了後、黒土の層が元の地盤を
 覆うことによって、1年草の雑草種子で
 あればその後も防草効果が得られる。

 地価茎で繁殖する雑草については、
 防草効果が得られない為、抜根した後
 マルチングを行うのが最良である。


      *幹周が25p以内の枝・葉は、上記の方法でチップ化が可能です。
        それ以上の木材は、弊社エコセンターにてチップ化し、リサイクルします。




   ◆ ひと休み ◆

   生息地域にもよりますが、チップ材を堆積させているとカブトムシの産卵場所となり、
   1年程堆肥の中で成長した後、成虫になって出てきます。

   幼稚園や小学校で、伐採木を利用したカブトムシの自由研究なんていかがでしょうか?